ここ2~3日喉の調子が悪いなと思っていたら
立派に風邪をひいてしまいました(*_*;


年々風邪の治りが悪くなってきてるのを実感している


どうもコータです♪


体調悪くて家にずっといますが
電脳仕入れという強い味方がありますので
仕入れが滞ることはありません♪


電脳ってやっぱりいいなぁ~


と、僕の私生活の話はいいとして…


今日のお話は
アマゾンのテクニカルサポートの対応の違いについて
を僕なりにお話をしていこうと思っています。


テクニカルサポートでも違う答えの時がある


アマゾンで問い合わせる時にテクニカルサポートにお世話になるのですが


せどりをしている人達の間でよく話題にあがるのが



同じことをテクニカルサポートに問い合わせているのにお互いが「聞いた話と違うじゃないか」ということなんですよね。


テクニカルサポートで働いている方々は
アマゾンのマニュアルというのをしっかり見ながら
僕達に対応してくれてると思うのですが


ぶっちゃけ僕が思っているのは



マニュアルの理解というか
考えのニュアンスが人によって微妙に違うんじゃないかって思っています


例えばAは良くてBはダメというマニュアルがあったとして


はっきりAかBかと言えるならば簡単だけど
☑限りなくAよりのBとか
☑表向きはBだけど内容は完璧Aだよね



みたいな判断が難しいような状況の場合は



どうしてもその時のテクニカルサポートの担当さんの考えや受け取り方に判断が影響されちゃうっていう…。





とは言ってもですね



僕は本せどりなので新品よりも古本を主に取り扱います。



中古本せどりに関しては新品を取り扱う他のジャンルに比べると
アマゾンの規約の変更や規約の取り決めにあまり影響されません。


新品仕入れみたいに
☑メーカーやジャンルによって出品できる・できないがある
☑賞味期限と消費期限のチェックが厳しい
☑本物や偽物と疑われる心配



なんて事は全くないんですよね。



他のジャンルのせどりをしている方に比べると
テクニカルサポートにお世話になる回数は少ないのかもしれません。


そんな中でもテクニカルサポートに問い合わせた時
「人によって言っていることが違うな~」という状況に何度も遭遇します。


担当さんの経験値にも左右される?


担当してくれる方が新人さんかベテランさんというだけでも返答のニュアンスが若干違ってくる中で



ベテラン担当さんの経験値によって過去の事例で判断してくれる人もいるし



新人さん・ベテランさん問わず担当さんの人柄にも影響されたりもします。



新人さんでも一生懸命調べてくれる方もいる人もいれば
ベテランさんだから安心と思っていたら冷たくあしらわれたりとかもする…



親身になってくれるか、くれないかって意味でも



話を聞いてくれる
担当さんの人柄って
めちゃくちゃ大事だと思う(笑)




テクニカルサポートに問い合わせる時に
メールのやりとりは冷たく突き放されるように回答が来ますが



電話は親切丁寧に対応してくれるので
アマゾンのツンデレ感が地味に好きだったりもするけど(笑)


担当さんと経験値と人柄どちらも良かったら



僕が過去に経験した時にベテランさん+人柄がめちゃ良い担当さんに当たった事があるのですよね~



いつもはほぼダメに近いけど、説明した内容を考慮して掛け合ってくれた結果
今回だけは大丈夫ですよ~!って快く対応してくださった方がいます。



その時の内容が



ポスターが特典としてセットになった商品をFBAに納品したんですが



その商品が普通に売れたあとに
返品として返ってきたんですよね…



返品の内容が「ポスターが破損していた」という理由でした。


僕としてはポスターが破損したり潰れないように
頑丈に梱包して送ったので



ポスターが潰れるなんてあり得ないだろー!
ということでカスタマーセンターに連絡したんですよね。





その時に担当してくれた方がとても親身になって聞いてくれる方で、色々調べてくれた結果…



僕の自宅からアマゾンへ配送される時の
配送状況の中でポスターが潰れ破損してしまっていた
ということがわかりました。



大きめのポスターだったのでFBAに到着時点で
結構な破損具合になっていたのに納品作業がスルーされていたっていう…
(これもどうしたって話ですが(;’∀’)



僕が事前に気をつけられることは実行していたし



☑FBAに到着した時点でなぜそれをスルーしてしまったのか?
☑ポスターがついてることで価値があるのに、出品者が悪いと言われる事はおかしい



みたいな事をカスタマーセンターの方と話していたんワケです。
(半分グチを聞いてもらってるみたになってました 笑)



過去にあまり前例がないということで
担当の方が上の部署へ聞いてみるということで一旦電話を切ったのですが



翌日電話がかかってきた時には

カスタマー

通常は補填をしないですが、今回は60%ぐらいの補填をする事になりました


ということで返答が返ってきました。


テクニカルサポートとの付き合い方


その時の状況を冷静になって考えてみると
補填を受けられたのも担当さんが



出品者側の意見をよく聞いてくれた上でどのような風にしたらいいのか?



ということを考えて対応してくれた結果
良い方向に転んだのかなと思っています。


もちろんこちらが意見や質問をテクニカルサポートに聞く代わり
しっかりと状況や経緯を話すことはめちゃくちゃ大事。



しっかり話した後に担当してくれた方の
知識や人柄によってダメだったことが覆ったりすることも実際にあります。



ただし!アマゾンを利用して販売している以上
アマゾン側の感じ方や捉え方ひとつで



問題が100%良い方向で解決できる保証はどこにもありません。



例えばアカウント停止になった時に



ある人は改善報告書や証拠の画像などを送ってアカウント停止が免除になったという事もあるし


何度も何度も改善報告書などを送っても全く取り合ってもらえないという人もいるって事です。


絶対に安心と言い切れるのはアマゾンの規約を守り続けること。



残念ながら、これ意外にはありません。。。



とはいえですよ



理不尽にダメと言われる時も
不自然にいいよって言われる時も



どっちもあるくらい
アマゾンさんはツンデレさんなのです(笑)



聞くだけ聞いて説明して粘ればどうにかなる時だってあります(笑)
諦めた時点で試合終了なんですよ(BY安西先生)



アマゾンさんのツンデレに負けそう…っていう方は
規約とかにしばられない本せどりがオススメです~(*’▽’)