どうも♪
コータです♪


メルカリやヤフオクとは違って
アマゾンで出品するのはお店として購入者と接するので


なんか責任重大…って思う方も多いでしょう。
その責任感からかクレームとかマイナス評価を恐れてしまう方も多いです。


今日はクレームとマイナス評価のお話です。


それでは今日もお付き合いよろしくお願いしますm(__)m




せどりをやっているとクレームが多いの?



せどり初心者の方から
『クレームがくるのが怖いです』というお話を聞くのですが


ブログでもよく言っていますが
そうそうクレームというのは頻繁に来るものではありません。


FBAを利用している限りは
仮にクレームがきたとしても
アマゾン側が対処してくれるため


あなたのもとにクレームが
直接やってくるというのは
自己発送をしている場合に限られてくることが多いです。





FBAと自己配送を併用して
販売を行っているなら


直接あなたにクレームがくる場合もありますが
FBA一択で販売をしている場合は
直接クレームがくることは
よっぽどのことがない限り来ないと思って大丈夫です(‘ω’)ノ


確率的に言うと直接クレームが来ることよりも
マイナスの評価として購入者から評価をされることの方が多いんじゃないかな?


クレームにしろマイナス評価にしろ
簡単にはやってきませんが


心構えとしてショップの評価というものは
信頼の塊だと思っておきましょう(‘ω’)ノ


僕が実際にやってきたこと



僕も16年せどりをやってきていますが
数々のマイナス評価をもらったことがあります。


マイナス評価はアマゾンさんに相談して
消してもらったりしていたので
(昔は操作の仕方で評価は消しやすかったのもあります)


今では履歴としては残っていませんが
僕なりにせどりのコンディションを見直してみたり
梱包のやり方を模索してみたりなど


改良重ねて今ではあまりマイナス評価を
もらうことはかなり減りました。



とは言っても
ショップの評価をしてくる購入者は
ごく1部なので


それでも思い出した頃にマイナス評価が来るみたいな感じでしたね。





基本的にショップの評価は
たまりにくいと言われていますよね?


アマゾン内で購入される商品のレビューが
つく割合は100人あたりの中で1人が
レビューを書く
とも言われていて


ショップの評価もそれぐらいの割合で
書かれているような感じです。


継続的にアマゾンで本を
出品していこうと思ったら


やっぱりショップの評価というのは
多少なりとも大事になります。



中古せどりと新品せどりの違い



中古本を販売していると新品せどりとは違って
新品本があれば中古本はカートを
獲得するということはほぼありえないので


出品者の一覧から購入者の方は
どの出品者から買おうかと選ぶわけです。


その中でも評価があるショップと
評価がないショップでは


直感的に評価が多く悪い評価のない
ショップを選ぶ購入者さんも多いです。


数年前にアマゾンで販売開始した
1年未満のアカウントや新規アカウントなどを使った


アカウント乗っ取りや商品を発送しない詐欺もありましたから
評価がない出品者は避けた方がいいと思っている人もいるからです。


最近はヤフオクやメルカリなどの
フリマアプリを使う方がほとんどなので


評価の大事さは知っている方が多いんですよね~





できればマイナス評価をもらうよりも
良い評価をもらった方がいいに決まっていますよね(‘ω’)ノ


あなたの出品する本や商品などの
取り扱いや商品説明などの記載が
きちんとされているかどうかによって


お客様があなたの本を購入した時に
良かったと思うのか話が違う!と思うのかが決まってきます。


冒頭でもお話ししましたが
評価は信頼の塊だと思っておきましょう。


これまであなたがせどりに向き合ってきたものが
評価となって返ってきて


このショップはしっかりしたショップだ
と信頼の貯金が貯まっていきます。


信頼貯金って大事ですよね(*’▽’)


これはショップの評価だけでなく
人間性にも通じるような気がします。


あの人は頼まれたことを
しっかりやり遂げてくれるから頼りになるとか


逆にあの人はしっかり仕事を
しないから頼みたくないなーとか…


しっかりやったらしっかりやった分だけ
適当にやったら適当にやった分だけ


信頼貯金が貯まったり減ったりしていきます


僕も過去にやらかした経験があるので
信頼貯金の大事さは痛いほどわかります(;’∀’)


お互いの顔は見えないとは言え
せどりをする以上は仕入れた本の向こうには
買ってくれる人達がいる事を忘れたらいけませんよね♪


なんか真面目か!ってツッコミがありそう(笑)
ちょっと語ってみましたw


商品説明もしっかり書こう



悪い評価をもらわないためにも
商品説明の文章は必要なものを
シンプルに書いておいた方が良いですね♪


商品説明欄は最初60文字が各ショップ
一斉に表示されるので


どれだけ最初60文字で情報を詰められるか?
っていうのが大事かもしれません。


あんまり長い説明文だと
購入者はめんどくさがって見てくれないので
簡潔にシンプルに書いて理解してもらえればOKです。


簡潔に書けばいいからと言って
必要なコンディションとかをしっかり書かないのは
ヘタするとマイナスコンディションをもらいやすいので注意が必要ですよ~


去年の記事で本を売るための
商品説明文の書き方について書いたので
こちらも是非読んでみてください↓

せどりでアマゾンで商品売る!売れるコンディション説明文を身につけるには




それでは今日も仕入れ頑張っていきましょう!


コータコータ

せどりのご相談はこちらから
友だち追加