どうも♪
コータです♪


最近は特に店舗せどりをしにくい環境が続いていますね。


段々と日常らしい生活が
戻ってくるように思えますが


新型コロナウィルスが
終息しているわけではないので注意が必要です。


そこで仕入れ方法のひとつとして
アマゾン刈り取りを視野に入れてみませんか?



それでは今日もお付き合いよろしくお願いします♪




アマゾン刈り取りが怖いのはなぜ?



僕が提案している電脳仕入れのひとつに
アマゾン刈り取りがあります。


アマゾン刈り取りを勧めてみると
たいていの方が「怖い!」と言われます(;’∀’)


怖いと思う理由のひとつに
仕入先がアマゾンだからの理由もあるようです。


言おうとしている気持ちもよくわかりますよ~
だって僕たちもアマゾンで出品していますからね。


アマゾンでやらかしちゃったら
アカウントにキズが入ったら嫌だなぁと思っちゃいますよね?


ですが、そこは全く気にしなくて大丈夫ですよ♪





アマゾンで普通に買い物するだけです。
商品を購入してすぐにキャンセルを
何度も繰り返したり迷惑行為をするのであれば話は別ですけどね。


他にもアマゾン刈り取りが怖いと
言われる理由のひとつに規約変更があります。


アマゾンの規約変更は1年の間に何度も行われています。


アマゾン刈り取りだけでなく
規約変更はメールでも随時通達されていますから


アマゾンで販売する以上は
必ずチェックしておかなければいけないものです。



3年前位の規約変更で
新品商品のアマゾン刈り取りが
実質できなくなった!
と騒がれていた時期がありました。


それは新品としての
出品禁止商品の規約の中に


”Amazon.co.jp上で仕入れられた商品は新品として出品禁止”
と記載されていたからです。


それから去年あたりの規約変更で
新品商品として出品できない商品の規約に
Amazon.co.jp上で仕入れられた商品は…と言う文言が消えています。


解釈として新品商品のアマゾン刈り取りが
解禁になった!とせどり仲間の間でも
話題になったのが記憶に新しいです。





本せどりは規約に左右されない



とまぁ…アマゾン刈り取りは
アマゾンの規約によって仕入れが左右されると言いますが


本せどりに関して
規約に左右される事はほとんどありません。



それはなぜかと言うと?
本せどりのほとんどは
新品のコンディションで出品することがないからです。



このブログで何度もご説明していますが
新品のカテゴリーで定価以上の販売は
再販売価格維持制度の問題で出品することはできません。



そして僕がアマゾン刈り取りで仕入れるものは
新品のカテゴリーではなく
中古のカテゴリーで仕入れているからです。


中古の出品に関しては
今も昔もアマゾンの規約はほとんど変わりがありません。





3年前の規約変更の時期は
アカウントの乗っ取りや海外セラーが
好き勝手にやっていたせいもあり
一気に厳しくなった感じでしたが…


中古の規約に関しては
ほとんど変わりがなかったんですよね(^^;


アマゾンの新品や中古に関する規約を
見たことがない方は一度きちんと
目を通しておくようにしましょう♪


各ジャンルにおける
中古のコンディション別に
アマゾンのコンディション指示も書いてあります。


*アマゾンのコンディションガイドラインはこちら


規約を読んでみても
特に本せどりを始めとする中古商品市場は
自由市場とも言えるので


今後も大々的な規約変更で
アマゾン刈り取りがダメになる事は
可能性としては低いんじゃないかなと僕は思っていますよ♪




アマゾン刈り取りは双方メリットがある



アマゾンが喜ぶ事は商品を買ってくれることですよね?


商品を買うことで手数料が自動的に
チャリンと入ってきますからね~


となるとアマゾン刈り取りをする
僕たちはもっとアマゾンに貢献していることになります。





アマゾンで仕入れるから
購入した時点で手数料がアマゾンに入る。


そしてアマゾンで出品するから
売れた時点で手数料はアマゾンに入る。


僕たちは仕入れも・売ることも
どちらもできちゃいます。
双方メリットがある関係になるわけです♪


コロナウィルスのマスクショックで
国が動き出さない限り
法外な値段でマスク売っていることも
容認してきたアマゾンさんですからねぇ…


アマゾンで買ってアマゾンで売る
僕たちに急に厳しくなる可能性は極めて低いでしょう。


毎日アマゾン刈り取りできる理由



日々せどりをやろうと始める人はどんどん増えています。


アマゾン刈り取りが出来る理由のひとつとして
出品者が価格操作ミスをしてくれると言う理由があります。


出品者側の操作ミスの原因は
☑価格入力時
☑価格改定ツール等の設定時
☑経験不足が引き起こす相場設定時



これらのミスが大きな原因です。


価格設定をミスする出品者のほとんどが
せどり初心者さんか在庫をたくさん抱えている業者さんです。


本だけでも8,000,000点以上の商品が
アマゾンの中にありますよね?


ちなみに日本だけで言うと
毎日で数百冊もの本が発行されています。
仕入れる本は日々増えている状態ですよ♪


それに加えて価格操作ミスもあり
毎日アマゾン刈り取りができちゃうってワケです。


まとめ



アマゾン刈り取りが怖いって言っている方も多いのですが


やってみると意外とカンタンで
楽しいものですよ~


仕入れの場所を変えていくことで
環境関係なく仕入れられるのでお得しかないなと思います。


それでは今日も仕入れ頑張っていきましょう~


コータコータ

せどりのご相談はお気軽にどうぞ♪
友だち追加