どーも♪

コータです♪

 

 

2017年9月ごろだったかな?

Amazonの出品規約に変更がありました。

 

その内容がこちら。

3番目の

「Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で
仕入れられた商品」

と明記された事により、

Amazon刈り取りができなくなりました。

 

 

ただ、テクニカルサポートにも確認しましたが、

古本に関してはまったく問題ありません。

 

という訳で今回の記事では

本のAmazon刈り取り

についてお話していきまう♪

 

 

最大のメリットはAmazonですべて完結する

Amazon刈り取りは

Amazonで相場より安くなっているものを仕入れて
正しい相場でAmazonに出品するという

Amazon仕入れ、Amazon販売の

すべてAmazonで完結する手法です。

 

この記事をしっかり読んで、

商品リサーチの仕方を学んで

どんどんAmazon刈り取りをしていきましょう。

 

 

Amazon刈り取りのメリット・デメリット

まず、Amazon刈り取りのメリット、

デメリットについてお話させていただきますね。

 

まずはメリットから。

 

Amazon本刈り取りのメリット

・Amazon仕入れAmazon販売なので、

Amazonで全て完結する。

 

・電脳せどりなので自宅まで届き、

基本的にはクリーニングもされているので

中古本でも効率的に出品作業が出来る。

 

・商品の相場感を知っていれば

知っているほど仕入れが沢山できる。

 

Amazon本刈り取りのデメリット

・新品仕入れの場合、Amazon新品在庫が

復活したら赤字が確定する。

(定価で仕入れて定価で販売すると手数料が引かれてマイナス)

 

詐欺出品者に注意が必要

 

 

Amazon本刈り取りのデメリットを解決するには?

さて、メリット・デメリットがわかったところで、

デメリットを解決する方法を考えていきましょう。

 

物事には必ずデメリットがありますが、

その解決方法は必ずあります。

 

そのため、Amazon本刈り取りのデメリットの

解決方法をここで提示させていただきます。

 

詐欺出品者に注意する

基本的に発送元が日本以外は選ばないようにしましょう。

詐欺の出品者は外国からの発送が多いです。

 

また、基本的にはFBA出品者を選ぶ。

 

さらに、新規出品者を選ばないようにすれば、

ほとんどの場合は詐欺出品者に

ひっかかることこないので覚えておきましょう。

 

Amazon新品とは絶対に戦わない

上記の画像の赤丸のところをみてください。

Amazonの新品在庫が

【2~4週間以内に発送】となっております。

これは、Amazonの在庫がないということです。

 

そのため、

 

この画像のように、新品定価超え出している出品者が多いですね。

 

中古本の刈り取りをする場合に気をつけてほしいのは

この商品は定価2592円です。

 

刈り取りの最大のデメリットが

Amazonの新品が復活した場合、

Amazonの定価を無視する売価を想定していると

瞬時に赤字が確定する場合が多いです。

 

 

どういうことかというと、

Amazonに3000円の新品本が在庫切れ、

仕入れる時にモノレートで

過去5000円で売れたことがあるか、

2500円で仕入れてもいいか。

 

と思って仕入れたら、Amazonの3000円が復活して

5000円では売れなくて赤字・・・・

 

 

ということになります。

 

そのため、刈り取りでも仕入れる時は

Amazonの定価以内で利益の出そうなもの

仕入れるようにしてくだい。

 

幸い中古本の刈り取りの場合は

多くは仕入れ値が定価の何分の1、

何十分 1ということが多いので安心です。

 

 

狙い目となる刈り取り商品

基本的に本せどりで刈り取りの商品のオススメは、

定価の高い本となります。

 

それは何故かというと、

上記の画像の商品は定価が1620円です。

 

 

上記の画像の商品は定価が4104円です。

 

 

定価が4104円と定価が1620円の商品場合、

定価が4104円の方が高値で売れるチャンスが多いです。

 

これは本せどり全般にいえることなのですが、

定価が2000円以下の商品は

発行部数が多くなる傾向があります。

 

 

【発行部数が多い=世の中で出回る数が多い】

となります。

 

ということは仕入れ出来るチャンスも増えて、

需要と供給のバランスが供給ばかりになり、

どんどん安値になり、

 

結局は1円本のまま価格を維持していき、

高値で売れるということはなくなります。

 

そのため、定価の高い商品を選んだ方が

高値で売れるチャンスがありますので

そういう商品を刈り取りしていきましょう。

 

 

定価の高い本とはどういうものか?

ではここで、定価の高い本というのは

どういうものかみていきましょう。

 

医学系

 

化学系

 

基本的には上記に上げた医学書や

化学系の専門書となります。

 

こういう本は定価が高いですが、

必要にする人は確実にいます。

 

また、専門書ですので、学校、病院、

研究機関関係の方が買う機会が多く、

多少高くても問題なく売れていきます。

 

 

Amazon本刈り取りの実際のやりかた

刈り取りといえば、拡張機能のKeepa、

その他有料ツールなど色々ありますが、

まずは手動でやってみることをオススメします。

 

手動で確認することにより、

適正な相場感が身についていきます。

 

 

やり方はとっても簡単です。

 

こちらの商品の定価は11880円です。

 

赤丸のところを見てください。

中古で900円よりというのが出ていますね。

 

 

それではモノレートを見てみましょう。

直近1ヶ月だけでも4個は売れています。

 

中古本は3ヶ月で5回以上売れていれば、

安定的に売れていくものが多いので

この商品はかなり回転のよいものとなります。

 

赤丸で囲ったところを見てみると、

FBAで3516円と出ています。

 

これは3ヶ月間の最低価格の平均なので、

この価格で売れるとは一概にはいえませんが、

モノレートの最低価格を確認するだけでも

2300~2500円辺りでFBAで販売が可能です。

 

 

この商品を900円で仕入れた場合、

900円+257円(送料)=1157 円
予定売価 2600円(FBA)
利益 792円
利益率 30%

となります。

 

このようにひとつの指標として

医学系、化学系の本は定価が高いので、

 

最安値が1000円以下だったら

モノレートを詳しくみると

刈り取りが出来るものが

意外と多いのがわかりますよ。

 

かんたんにいったら

「この商品、定価高そうだな」と思ったら

とりあえず最安値に惑わされずに

モノレート見るだけです。

 

 

Amazon本刈り取りのリサーチ方法 まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事では

Amazon本刈り取りのリサーチ方法

についてまとめてみました。

 

仕入れが出来ないといっている人は

ちょっとしたコツを覚えれば

仕入れがドンドン出来るようになりますので、

チャレンジしてみてくださいね♪

 

 

まだまだ仕入れが出来ない、

わからないという点もあると思います。

 

そんな人は直接質問していただいて大丈夫です。

LINEがいい人はLINE@から、ご連絡ください♪