Amazon引当金はいつまで?本せどり初心者が戸惑う引当金の解除期間

どうも♪
本せどり歴17年目突入のコータです♪


Amazonには引当金というものが存在しますが、あなたはきちんと理解していますか?


☑Amazon引当金の解除はできるの?
☑Amazon引当金はいつまでなの?
☑引当金の割合って人によって違うの?



などなど、今日のブログで解説していこうと思います。


それでは今日もお付き合いよろしくお願いします。




本せどり初心者さんの10万円の壁

失敗する人
901515



本せどりだけでなくせどり全般で言えることですが、月収10万円に到達するまでの壁というものがあります。


月収10万円はひとつの目安として考えている人も多く、少しずつ本せどりで稼げるようになってくると目標として見えてくるのが10万円ということですね♪


わかりやすい目安としては

  • 月収1万
  • 月収5万円
  • 月収10万円



といったキリのいい区切りですね。


月収1万円から月収5万円はわりとクリアしやすい壁なのですが、特に副業で本せどりをするとなると月収10万円は超えにくい壁として言われていることが多いのが現状です。


現在月収5万円の人が月収10万円を目指そうとすると、単純に作業量を2倍しないといけなくなりますからね。


作業量も壁のひとつではありますが、ここ数年でAmazon出品用アカウントを作成した人の中でもネックになっているのが、Amazon引当金の存在ではないでしょうか?



本せどり専用LINE登録

Amazonの引当金とは?




Amazon引当金をご存知ない人に、かるく引当金について解説しますね。

引当金とは?

会計上でも使われる”引当金(ひきあてきん)”は、近い未来に起こり得る費用や損失に対する備えとして積み立てておく資金という意味合いがあります。



つまりは「なにかあったらいけないから、お金積み立てておいてあげるね!」とAmazonさんが気を利かせてくれている(?)といったイメージで思ってもらえるとわかりやすいかもですね(*’▽’)





Amazon引当金はどこで保留になるのかと言うと?


毎回の売り上げから強制的に引当金が差し引かれていることになっています。


本せどり初心者さんの場合、引当金の存在に全く気付いていない人も多いと思います。


それはなぜか?
明細レポート等で引当金の明細が表示されていないからです。


中には「売り上げと振り込まれた金額が違うから、Amazonが売り上げ金を計算間違いして振り込んできたのでは?」と思う人もいるとか。


そりゃそうだと思います。
だって明細レポート等に引当金が明確に表記されていないので確認しようがないですからね(;’∀’)



本せどり専用LINE登録

なぜ引当金が売り上げから引かれるの?




先ほど会計上での引当金の意味を書きましたが、Amazon引当金も会計上と同様の意味があります。

  • 返金申請
  • 払い戻し
  • 注文の配送待ち など



これらのことを考えて一定金額を保留しておいて、その支払い等にあてるように積み立てているというわけですね。





■Amazon引当金のヘルプページはこちらから

引当金の割り合いは?



引当金は作成した出品アカウントによって異なっていて、50%~100%の割り合いで売り上げから引当金として保留されています。


とは言っても、ずっと引当金としてAmazonに積み立てられているわけではなく、引当金には留保期間というものが存在するので、留保期間が終われば次の売り上げ締め日のサイクルで前回の引当金は売り上げと一緒に振り込まれます。


引当金の割り合いが50%の人の場合は、出品用アカウント作成から初回(1回目)の売り上げ振込は『売り上げから50%分の引当金を差し引いた金額』が売り上げとして振り込まれます。


2回目以降の売り上げの振込は、1回目の引当金+2回目の売り上げ(50%分)…といった流れになります。


ややこしいですよね(;^_^A



本せどり総合コミュニティせど活2.0詳細

Amazon引当金の対象外のアカウントとは?




ここ数年で本せどりを始めてAmazon出品用アカウントを作成した人達は全て、引当金が強制的に積み立てられるアカウントとなってしまいます。


なぜここで僕が『ここ数年で』という言葉を使って書いているのかと言うと?


引当金が強制的に差し引かれないアカウントがあるからです。


細かく解説すると、引当金が強制的に差し引かれるアカウントは、2016年8月15日以降に開設された新規アカウントが対象となっています。


つまり2016年8月14日以前に出品用アカウントを作成した出品者は、引当金というシステムが存在しないのです(;^_^A


なので僕は2016年8月以前に作った出品用アカウントで本せどりをしているため、引当金というシステムは適用になっていないので、売り上げた金額は全て締め日がきたら振り込まれるというわけですね。


ここらへんでも昔から本せどりをしている人と新規参入の本せどりをする人とで、ちょっとした差が生まれているというのも、月収10万円の壁を超えるために日数の差があるといってもおかしくないと思います。



本せどり総合コミュニティせど活2.0詳細

Amazon引当金は解除にならないの?




今のところAmazon引当金の解除は僕たち出品者側が解除申請等はできないようになっています。


日頃からきちんと出品用アカウントを運用していて、アカウント健全性が良い場合は引当金の割り合いが下がったり解除されたりすることも稀にあるようですが、あまり期待しないほうがいいと思います。


僕が今まで見てきた中でも解除になったと言っている人はいないんですよね(;^_^A
引当金が解除になるのは都市伝説ではないか?とも思ったりします。


とはいえ引当金が解除にならなくても、引当金期間が終わっている売り上げを振り込まれるように手動で申請できるので、上手に利用して資金回転を良くしていきたいものです。



本せどり総合コミュニティせど活2.0詳細

まとめ



今日は引当金について解説しました。


引当金が積み立てられているからと言っても、コツコツ本せどりを継続していけば、いつかは花開く時が訪れます(*’▽’)


最近本せどりを始めた人達はアナタと同じ状況ですので、ライバルに負けないように頑張っていきましょう♪


今日も仕入れ頑張っていきましょ~!


コータ

せどりのご相談はこちからどうぞ↓
友だち追加