どうも♪

コータです♪

 

 

ライバルせどらーさんが

気が付かないようなジャンル・視点で

リサーチをすることでライバルが少なくなり

自分が仕入れられるチャンスが増えますよね♪

 

そういった考え方を持つことは大切です。

 

 

 

でも、

「ライバルが多いジャンルで
勝負することはできないのか…?」

と不安にならないでくださいね♪

 

あるチェックポイントに気づけば、

ライバルがいても仕入れが可能になります。

 

 

今回はそのチェックポイントをお教えしますので、

ブックオフでの古本仕入れのポイントとして

ぜひ覚えてみてくださいね♪

 

 

 

また、仕入れの時だけでなく、

売り方にもコツがあります。

 

売り方も少し工夫することで、

利益が取れなさそうな本でも

利益が取れるようになったり、

 

利益額がアップしたりと

おいしい結果につながります。

 

では、早速ですがブックオフでの

古本仕入れのポイント&売り方のコツ

について次の章からお伝えしていきますね♪

 

 

ブックオフでの古本仕入れのポイントとは?

前の章でも触れましたが

ライバルせどらーさんがリサーチしそうなジャンルだと

「どうせもう利益が取れる本は
先に仕入れられているんだろうな…」

と後ろ向きに考えてしまうかもしません。

 

うーん、なんだか絶望的ですね…。

なので、少し考え方を変えてみましょう♪

 

「だったらライバルが仕入れる前に
自分が仕入れちゃえばいいんだ!」

と考えてみるとどうでしょうか?

 

なんだか前向きになってきましたよね。

 

 

では、ライバルが多いとされている

【単行本108円~200円コーナー】での

仕入れられるちょっとしたコツ

について書いていきますね。

 

 

ビームせどらーがいない店舗を狙う!

108円~200円コーナーは

単純に仕入れ額が安いため、

高値で売ることができると

大きな利益につながります。

 

少ない資金でも仕入れが可能なので、

ライバルが多くても仕入れてみたいと

思うかもしれません。

 

そこで、ちょっとしたコツ1つ目ですが…それは

「ビーム全頭検索せどらーのいない店舗を狙おう!」

です♪

 

 

ビーム全頭検索せどらーとは、

バーコードリーダーを使って棚の商品を
端から端まで片っ端からリサーチしていく

せどらーさんのことです。

 

こんなせどらーさんがいる店舗では、

例えばセット本として利益が取れる商品は

残っているかもしませんが

 

単品で利益が取れそうな商品

全部持っていかれている可能性があります。

 

 

「ビーム全頭検索せどらーの
いない店舗ってどこだろう?」

となると思いますが、見つけ方は簡単です。

 

それはずばり

ビーム(赤外線スキャン)を禁止している店舗

です♪

 

張り紙などで禁止している店舗がありますので、

そういった店舗を狙うのがおすすめです。

 

最新在庫をリサーチしよう!

次に、ブックオフでリサーチする際の

ポイントの2つ目ですが…それは

「最新の在庫を探そう!」です♪

 

在庫が補充されたばかりの

商品をリサーチしてライバルに仕入れられる前に

先に仕入れてしまいましょう♪

 

 

最新の在庫の探し方ですが…

・値札の色
・整理整頓された棚

をチェックしましょう♪

 

 

まず値札の色についてですが、

実はその本が店頭に出された時期によって

色分けされているんです。

 

覚え方として、

冬の空の色 黒 1~3 月
春の緑 緑 4~6 月
夏の空の青 青 7~9 月
秋の紅葉 赤 10~12 月

です。

 

 

 

最近はインストアコードシールも増えてきました。

画像の赤丸で囲ったところを見てみてください。

「16.01 」と印字されていますね。

 

つまりこれは

「2016年の1月に入荷されましたよ」という意味です。

 

 

これで、店頭に出された時期が

だいたい把握できますので、

その時期の値札の商品をリサーチしていきましょう♪

 

整理整頓された棚をリサーチする!

3つ目のポイントが

「整理整頓された棚をリサーチする!」です。

実は在庫が補充されたばかりの棚は

スタッフの方がきれいに並べ直してくれることがあります。

 

サイズごとに並べられている棚は

在庫が補充されたばかりの可能性があるので

要チェックです♪

 

 

ちょっとした売り方のコツ

ここでは、少しでも高値で商品が売れるような

ちょっとした売り方のコツをお伝えしていきます♪

 

それはずばり…

「寝かせ売り」

です。

 

 

寝かせ売りとは、

商品を仕入れてからすぐに売るのではなく、

一定の期間寝かせてから売る手法のことです。

 

古本ですと低資金で仕入れが可能ですので、

資金繰りの問題もさほど心配ないと思いますので

安心してチャレンジしてみましょう♪

 

寝かせ売りをおすすめする商品 季節ものの本

寝かせ売りをおすすめする本の1つ目は、

「季節ものの本」です。

 

ハロウィン、クリスマス、お正月…など

季節ごとにイベントや行事がありますよね。

 

それに関連した商品はやはりその時期に

高値になる傾向があります。

 

事前に仕入れておいて、

時期がきたら売り出してみてはいかがでしょうか?

 

寝かせ売りをおすすめする商品 ドラマ化・映画化される本

2つ目は「ドラマ化・映画化される本」です。

 

ドラマ化・映画化される本は

相場が上がることがあります。

 

トレンドせどりですね♪

 

事前に情報をキャッチできたら、

仕込んでおくといいかもしれません。

 

 

ブックオフ古本仕入れのポイントと売り方のコツ まとめ

今回はブックオフでの

古本仕入れのポイントと売り方のコツ

についてまとめました。

 

 

仕入れ方のポイントでは、

ライバルが多い「108円~200円」コーナーでも

仕入れができるためのコツでしたね。

 

ライバルがいない店舗を探す

補充されたばかりの商品を狙う

そうすることで仕入れられるチャンスに

なりますのでぜひ実践してみてくださいね♪

 

 

売り方のコツでは

寝かせ売りについて紹介しました。

 

寝かせる商品を絞って

ライバルよりもいち早く仕入れておいて、

時期がきたら売り出してみましょう♪