どーも♪

コータです♪

 

 

 

 

 

今回の記事では

正しい価格改定の考え方と

自動価格改定ツール

についてお話させていただきます。

 

 

 

 

もし、わからないことがあれば

LINE@で聞いてくださいね。

 

私のLINE@のご登録はこちらから。

コータ らいんあっと

 

 

 

【せどり初心者】99%のせどらーがカンチガイしている価格改定

まず、世の中のほとんどのせどらーさんが

価格改定で勘違いをしています。

 

価格は株みたいなもの

価格というものは生モノです。

 

常に変動するので

みたいなものですね。

 

 

 

 

ある商品の価格が 1000 円だったとします。

 

明日には 500 円になってるかもしれませんし、

1500 円になってるかもしれません。

 

 

このように Amazon の価格は

毎日のように変動します。

 

 

 

そして、毎日価格が変動することによって

適正価格というものに合わせること

価格改定の真実なのです。

 

 

 

 

99%のせどらーは価格改定を

ただ値段を下げるもの

とカンチガイしています。

 

 

 

商品の値段は日々、

値段が上がるものもあれば、

下がるものもあるように、

 

価格改定をして上がるものもあれば

下がるものもあるのです。

 

 

「毎日価格改定をしたら

すぐに値段が下がってしまいませんか?」

という事をいう人もいますが、

 

 

全ての商品を最安値に

するわけではありませんし、

 

「この価格からは絶対に下げない」

という事を決めておけば、

利益は確保されます。

 

 

また、新品出品者にすごく多いんですが、

「最安値にすれば売れる」

と思っているおろかものが

すごく多いです。

 

 

 

お客様は最安値だから

買っているわけではありません。

 

 

 

ここで特に大事な事は、

「Amazon の商品は

どうやって買われているか?」

ということです。

 

 

 

 

 

特に新品の商品はカートを取得すれば

買われますね。

 

 

 

カートを取得するというのは

画像のような状態です。

Amazon せどり 初心者 価格 改定 ツール
Amazon せどり 初心者 価格 改定 ツール

Amazon 以外の出品者

表示されていますよね?

 

 

基本はカートを取得している

出品者から買います。

 

 

 

そこで問題なのが、

「どうやって買うか?」

ということです。

 

 

Amazon で購入する大半の人が

ワンクリックで買います。

 

 

 

カートを取得しているのは

最安値ではない方が多いです。

 

 

 

そのため、

「最安値だから売れる」

というわけではありませんし、

 

わざわざ最安値にして、

ライバルが最安値にしたからといって、

それよりも下に値下げする。

 

そしてさらにライバルが自分より

値下げするという無駄な価格競争を

しなくてもいいわけです。

 

 

注意:カート取得条件につきましては

明確な条件を Amazon が公表してないため

ここでは省かせていただきます。

 

 

 

 

 

さらに中古の場合は

コンディションとその詳細も違う

ことが多いです。

 

 

 

付録の有無、箱、説明書、保証書の有無など、

商品の詳細によって高値で売れるもの

安値でしか売れないものが様々です。

 

 

 

そのため、最安値でなくても充分売れますし、

また、乱暴な言い方をすれば、

 

基本的に全ての商品は何日、

何ヶ月、何年単位で待てば、

 

生産は停止され、 出品者も減っていき、

自分の順番はくるので価格を下げなくても

自分の順番がくるのです。

 

 

 

その分回転も遅くなる商品も

多数ありますので、

 

「全ての商品の価格を下げるのを待て」

「何年も待ちなさい」

といっているわけではありません。

 

 

「少し考えて価格改定をしてください」

といっているのです。

 

 

 

 

 

さらに、テレビで本日紹介されたような商品で

すぐに売り切らければいけない、

 

有名人がなくなって

価格が上がっているような、

 

「一時的に価格が上がっているだけ」

という商品は

早く売り切らなければいけませんが、

 

 

そうでなければ、

仕入れたばかりの商品を

最安値にして

すぐに売り切らなければいけない理由

はなんでしょうか?

 

 

 

一番多いのが、

「本当に売れるか不安」

「売らないとキャッシュフローが悪くなる 」

この 2 点ですね。

 

 

 

本当に売れるかどうか不安だから

価格を下げるのはわかります。

 

初心者のうちは仕方ないですよね。

 

 

 

 

でもきちんとモノレートを読み、

適正価格で販売していれば、

基本は売れていきますので大丈夫です。

 

 

 

 

仕入れたばかりの商品というのは

新鮮な在庫ですよね。

 

 

 

 

その新鮮な在庫を

最安値で売り切らないと

キャッシュフローが悪くなる

という理由でしたら、

 

 

その時点でせどり業務は

破綻しかけていますので、

大幅な業務改善をした方がいいです。

 

 

 

自転車操業になっており、

そのままでしたら、

売っても売らなくても

近いうちに破綻しますので。

 

 

 

 

価格を下げるというのは

カンタンです。

 

 

いつだって下げることは出来ますので、

最安値にするという事は

すこし待ってみて、

 

1 ヶ月も売れないようだったら、

下げていくというやり方を

してもよくないですか?

 

 

 

無駄な値下げは

本来得られるハズだった利益がへり、

自分の作業も増え、

 

自分を苦しめるだけの行為だと

知っておいてください。

 

 

 

【せどり初心者】おすすめ自動価格改定ツール

価格改定にはツールを使いましょう。

 

 

結構な割合で手動で価格改定を

している人がいるのですが、

 

それでは時間もかかりますし、

30 点、50 点と少ない

商品数だったとしても

その時間はもったいないです。

 

 

 

ツールですと、設定さえしてしまえば、

起動して一発で終わりますし、

楽ちんです。

 

 

 

「ツールとかつかいこなせるかしら私・・・・」

とか思う奥様もいるかもしれませんが、

その辺りは覚えていきましょう。

 

 

儲けるためには大事な事ですので。

 

 

オススメは月額 380 円で使える、

Y&S さんが提供している価格改定ソフト GAGA

というものです。

Amazon せどり 初心者 価格 改定 ツール
Amazon せどり 初心者 価格 改定 ツール

 

 

相手コンディションとの比較や

1つの商品ごとに下限価格も決めれて

安いのに高性能ですのでオススメです。

 

 

 

 

 

【せどり初心者】正しい価格改定の考え方と自動価格改定ツールのご紹介 まとめ

いかがだったでしょうか?

 

 

今回の記事では

正しい価格改定の考え方と

自動価格改定ツールのご紹介

についてお話させていただきました。

 

 

 

 

今回の記事が今後のあなたの

せどりの参考になれば幸いです。