本せどりの単C?プロパー?トコロテン?ブックオフ仕入れの極意

どうも♪
本せどり歴17年目突入のコータです♪


ブックオフせどりをしていると、慣れてきた人の会話で「今日は単Cはなにもないな~、プロパー見に行ってみるか」みたいに言っている先輩せどらーさんがいます。


本せどり初心者さんからすると、単C?プロパー?って頭にハテナが飛びますよね(;’∀’)


このブログでも単Cやプロパーについて書いていますが、改めて解説していこうと思います。


解説のあとにはプロパーで狙うべきコーナーも大公開しちゃいますよ♪


それでは今日もお付き合いよろしくお願いします。




ブックオフ本せどりの単Cとプロパーの解説


まずは、単Cとプロパーの違いから解説していきますね。

  • 【単C】
  • 100円(+税)の本ばかりが並んだ本棚のこと
    →単Cには基本的に100円(+税)の本ばかり並んでいる

  • 【プロパー】
  • 100(+税)の以外の棚のこと
    →プロパーには様々な価格の本が並んでいる



実際にブックオフに行ったことがある人ならわかると思いますが、ブックオフの棚は基本的に2種類にわかれています。





この画像では100円~200円と書いてありますね。
この場合も単Cコーナーと言えます(*’▽’)





そして100円とか100~200円と赤のポップがついていない普通の棚です。


こちらの画像には財テクマネープランとか株式投資などの細かいジャンルに本が分かれていますが、同じ財テクマネープランが置いてある棚でも、単Cにもプロパーにもどちらにも該当のジャンルがあるということになります♪


なので本のタイトルが明確にわかっていて該当の本を探したい場合は単Cとプロパーどちらも見たほうがいいわけです。

余談ですが、単Cの由来はブックオフの買い取り時のランクによるものです。


☑ランクA:新品みたいに綺麗な状態
☑ランクB:多少の日焼けやスレなどがある状態
☑ランクC:ランクBよりも日焼けや汚れがひどい状態
☑ランクD:紙面に書き込みや水濡れ破れなどがある状態



ランクDの状態はブックオフの店頭でもめったに並ぶことはなく、最低ランクCの状態までが店舗に並びます。


なのでランクCが一番下のランクという扱いということで、単Cと呼ばれているそうです♪


そしてプロパーは本の定価(新品時)の30%~50%の適正価格で売るよという、適正価格という意味があるそうです。



さてさて、単Cとプロパーの違いはわかりましたか?


それでは次にいきましょう♪



本せどり専用LINE登録

単C仕入れとプロパー仕入れとトコロテン


ブックオフ仕入れで避けては通れないのがトコロテンの存在です。


トコロテンは値札の状態のことを指していて、値札が重ねて貼ってある状態のことを言います。


たとえばこんな感じですね↓





ちなみにブックオフの値札には季節によって色が違うので4種類の色が存在します。


こちらのブログではトコロテンの説明とブックオフの値札色の違いについて解説しているので、今日のブログと一緒に見てもらえるとわかりやすいかと思います♪

ブックオフ攻略はここから!インストアコード(値札)を徹底解説!




トコロテンのタイミングは直営店とフランチャイズで違いあるのはご存知ですか?↓

ブックオフのトコロテンのタイミングを知ろう!直営店とフランチャイズの違い




ということでブックオフ仕入れには、単C・プロパー・トコロテンの三種類の用語を知っていればOKです♪



本せどり総合コミュニティせど活2.0詳細


プロパー→トコロテン→単Cの時代


少し前までのブックオフはプロパーで並んでいる本の売れ行きが悪い場合は、トコロテンで値下げをして単Cの棚に並ぶ…というのがよく見る光景でした。


なので単C仕入れが仕入れ単価が安いし、比較的利益の取れる仕入れができると言われていました。


このような流れがあったので「ブックオフは100円(+税)で仕入れが出来るよ!低単価だよ!」と言われていた理由だったりします。


一昨年あたりからプロパー→トコロテン後に単Cという流れにひと手間加わり、プロパー→トコロテン後にプロパー→それでも売れない場合トコロテン→単Cへという流れになっています。


ということで今まではすんなり単Cに降りてきていた本も、プロパーの中でトコロテンされているため、単Cを一生懸命探すよりもプロパーを見たほうがオイシイ仕入れができる状況ができあがっています。



本せどり総合コミュニティせど活2.0詳細


プロパー仕入れのオススメジャンル


単Cもプロパーも無限に本のジャンルがあるので、ひとつひとつを見ていくのは時間がかなりかかる!


ということで、僕がオススメするプロパー仕入れのジャンルはこちら↓

  • 【専門性が高いジャンル】
  • 医療系/参考書/実用書(家庭の医学など)/心理学系/IT系など…



要するに『小難しすぎて知っている人しか手に取らないような本』がプロパー仕入れのオススメです。


小難しそうな本の特徴は、分厚い・タイトルが意味不明・高級そうに見える(元値が高い)といった感じです。


誰が見ても「あぁ、あの本ね」と想像できる本でも利益が取れるものもありますが、「なんだこれ?」と思うような本のほうが希少性が高く、元々の発行部数が少なかったりするので利益率が高いものが多いです。


本の元値が高いものはページ数が多いことが多いですね。


辞書か!というくらい分厚いものもよく見ます。


こういった本は、たくさんリサーチしていくと「これは気になるぞ?」と目立って見えてくるようになるので、リサーチ経験値を積んでいくと仕入れしやすくなりますよ♪


僕も昔は辞書みたいに分厚くて専門的のようなタイトルの本はとりあえずリサーチしていた時期がありました(笑)



本せどり専用LINE登録

まとめ



今日はブックオフ仕入れに大事な”単C・プロパー・トコロテン”とプロパー仕入れのおすすめジャンルについて解説しました♪


なにか不明な点があればいつでもご連絡くださいね~
今日も仕入れ頑張っていきましょう!


コータ

せどりのご相談はこちからどうぞ↓
友だち追加