どうも♪

コータです♪

 

 

 

 

みなさん、古本せどりは順調ですか?

 

いつも、僕は本せどりを

おすすめしていますが、

 

電脳と実店舗のせどりを

バランスよくしています。

 

 

本せどりは低価格仕入れ、高利益、

仕入先も豊富というメリットがたくさんあり、

せどりの基本となります。

 

 

そしてより本せどりで稼ぐには、

やはり「優良店舗」を知っていたほうが

稼ぎやすいです。

 

 

なので今回は

【ブックオフの優良店舗の見分け方】

について記事にまとめました。

 

優良店舗を知って、どんどん稼ぎましょう♪

 

 

 

【本せどり】ブックオフの優良店舗とは?

ブックオフせどりで稼ぎたければ

とても重要なことですが、

稼ぎやすい店舗(優良店舗)と、

そうでない店舗があります。

 

 

ここでいう優良店舗とは、

「仕入れがたくさんできる」店舗です。

 

 

 

仕入れか沢山出来るということは

どういうことでしょうか?

 

 

 

それは・・・

1.仕入れ対象の物が沢山ある。
2.商品の入荷が早い。
3.値下げ幅も大きく、値下げの頻度も多い。
4.ライバルが少ない。

 

 

4のライバルが少ないというのは、

ライバルの少ない時間帯に行けば大丈夫です。

 

 

 

また、ライバルがいても、

人それぞれ仕入れ基準が違うので、

そこまで気にしなくても大丈夫です。

 

 

 

 

1~3 は 一度そのブックオフにいけば

ほぼわかります。

 

 

実はこの 1~3 を攻略することが、

ブックオフで儲ける秘訣なのです。

 

 

 

この特徴をかんたんに見分ける

基準がありますので、

さっそく次の章からご紹介していきます♪

 

 

 

【本せどり】まずは直営店を狙いましょう♪

ブックオフには直営の店舗

フランチャイズ加盟の店舗があります。

 

 

 

その割合は、

直営店 388 店舗
FC 加盟店 455 店舗

合計 843 店舗(2017 年 3 月 31 日付けデータ)です。

 

 

 

 

 

 

直営店とフランチャイズの違いは色々あります。

 

【直営店】
値付けが厳しい

スーパーバザールのような大きな店舗が多い

セールは大型連休のみ

 

 

【フランチャイズ】
セールをしている店舗が多い

値付けは直営よりはゆるい

小型店や中型店舗が多い

 

 

ここで注目してほしいのが、

セールをしているかしていなかの違いです。

 

 

直営店は現在、

ゴールデンウィーク
お盆
お正月

のような大型連休にしかセールをしていません。

 

 

ですが、フランチャイズのお店は

頻繁にセールをしています。

 

 

 

 

 

そのため、フランチャイズのお店にいっても

毎週セールをしているので、

 

商品の値付けは多少ゆるいですが、

仕入れできない店舗の方が圧倒的に多いです。

 

 

 

以上のことから

セールをしていない直営店の方が

無駄に安売りせずライバルも少ないため、

意外と仕入れできるものが多いです。

 

 

なのでまずは【直営店】にしぼって

せどりをすると良いですよ♪

 

 

 

 

では直営店と FC の見分け方は

どのようにするのでしょうか?

 

 

それにはかんたんな方法があります。

 

 

 

【本せどり】ブックオフ直営店舗・FCフランチャイズの見分け方

まずはブックオフの公式HPを見てみましょう。

 

自分の行きたい店舗を探して

各店舗の詳細ページにいきます。

 

 

その後各店舗の詳細ページの URL をみてください。

ブックオフ せどり 仕入れ コツ
ブックオフ せどり 仕入れ コツ

画像のように 1 から始まるのがフランチャイズ。

 

 

 

 

ブックオフ せどり 仕入れ コツ
ブックオフ せどり 仕入れ コツ

2 から始まるのが直営店です。

 

 

 

 

 

 

このように見分けるのが一般的ですが、

もっとカンタンな方法もあります。

 

 

 

ブックオフ せどり 仕入れ コツ
ブックオフ せどり 仕入れ コツ

画像のように、

ブックオフの看板の矢印が青だと、

直営店舗だと判断できます。

 

フランチャイズは赤の矢印になります。

 

 

 

 

 

このように直営、

フランチャイズの見分け方があります。

 

 

 

 

そして直営店舗の中でも

仕入れのしやすい優良店舗がありますので、

判断基準をお伝えします。

 

 

 

【本せどり】優良店舗はこうして見分けよう

仕入れがたくさんできる店舗の特徴として、

「買い取り商品が多い」事が挙げられます。

 

 

レジカウンターの中に

いつも買い取り商品が大量にあるようなお店は、

 

お客様が沢山売りにくる店なので、

入荷商品が多いということです。

 

 

 

 

 

 

もう一つのポイントとして、

ブックオフの値段のシールを見てみましょう。

 

ブックオフ せどり 仕入れ コツ
ブックオフ せどり 仕入れ コツ

黒 1~3 月
緑 4~6 月
青 7~9 月
赤 10~12 月

 

じつは画像のように季節によって

値札シールの色が違います。

 

 

 

4 月に店に出す商品は

緑のシールで店頭に並べられます。

 

 

たとえば4 月に仕入れにいったのに、

赤のシール(10~12 月)が沢山あるような店は

回転が遅い店だという判断ができます。

 

 

 

 

本当に回転のいい店ですと、

5 月あたりになれば緑のシールしか見なくなります。

 

 

 

 

 

 

ブックオフ せどり 仕入れ コツ
ブックオフ せどり 仕入れ コツ

こちらは最近ブックオフで使われている

【インストアコードシール】というものです。

 

 

画像の中に赤丸で囲ってありますが、

16.01 という文字が見えます。

 

 

これは「2016年の1月に入荷した」ということです。

 

 

 

 

インストアコードは季節のシールと違い、

1 ヶ月毎に入荷日が印字されていますので、

更に詳しい入荷日がわかります。

 

 

 

このように、2種類のシールから

直近のものばかりある店舗は

回転のよい店舗となります。

 

 

回転のよい店舗は本当に回転がよく、

毎日のようにいっても仕入れが出来るくらい

優良な店舗もありますよ♪

 

 

 

【本せどり】値下げが多い店舗を狙う

次のポイントは、

値下げの多い店舗を狙うことです。

 

値下げされている商品は

このようになっています。

ブックオフ せどり 仕入れ コツ
ブックオフ せどり 仕入れ コツ

 

 

 

画像では薄っすらとですが、

760 円というものが確認できます。

 

 

 

760円のインストアコードシールの上に、

200円の季節のシールが貼られていますね。

 

ブックオフさんの専門用語で

これを【トコロテン】と呼びます。

 

 

 

 

このトコロテンが沢山あればあるほど、

「その店舗は値下げする店」

ということがわかりますので、

いろいろなコーナーをチェックしてみましょう♪

 

 

 

【本せどり】赤カートを狙え!

ブックオフ せどり 仕入れ コツ

こちらは赤棚、赤カートといいます。

 

 

入荷したばかりの最新の商品ですので、

ライバルに見られていない可能性が高いです♪

 

 

ブックオフで見かけたら、

必ずサーチして欲しいところです。

 

 

 

 

 

ですが、店員さんに

注意される場合もありますので、

 

「こちらの商品を見てもいいですか?」

と一声かけるといいでしょう。

 

 

このカートは店舗によって

無かったりもするので、

ある店舗ならぜひリサーチしてみてください♪

 

 

 

【本せどり】大型店舗を狙え!

仕入れ店舗を決める時に

一番オススメしたいのが、

大型店舗で仕入れをする

ということです。

 

 

大型店舗は商品が沢山あります。

 

 

 

商品が沢山あるということは、

サーチする商品が沢山あり、

仕入れ対象が増えるというこです。

 

 

 

小型店でライバルがいたら

仕入れができないかもしれませんが、

 

大型店だと商品が大量にあるので

ライバルがいても関係ありません。

 

 

 

また、大型店は駐車場が大きな店舗が多く、

買取商品も集まりやすいという

メリットもあるため、

商品の回転も早い店舗が多いです。

 

 

 

 

 

大型店は、

ブックオフスーパーバザールなどに当たりますが

一番カンタンな見分け型は

公式ページで確認するとわかりやすいですよ。

ブックオフ せどり 仕入れ コツ
ブックオフ せどり 仕入れ コツ

 

大型店舗がない地域の方は、

中型店舗を狙いましょう。

 

 

 

【本せどり】補充される時間を狙う

優良店舗を選ぶには

ポイントがまだあります。

 

 

ブックオフには補充の時間といって、

棚に最新商品を補充していく時間があります。

 

 

赤カートが出ていない店舗では

かなり大きな仕入れポイントです。

 

 

 

 

この時間はだいたい決まってますので、

補充の時間に合わせていくだけで、

ライバルより先に調べられます!

 

 

 

 

回転のよい店舗だと、

1日に何回も補充の時間がありますので

仕入れられるタイミングも増えます。

 

 

 

ただし、同じ考えのライバルも

いるかもしれませんので注意が必要です。

 

 

 

 

また、一般のお客様が沢山いるようなお店は

買い取り商品が多く集まるようなお店であり、

 

ブックオフ側も売上に力を入れるので、

商品の値下げもどんどん行う店が

多いという傾向もあります。

 

そういうお店はやはり大型店舗に多いです。

 

 

 

【本せどり】仕入れができるブックオフを見分けるコツとは? まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

カンタンに優良店舗を見分ける

ポイントを説明しました。

 

 

 

まとめると、以下の7つです。

 

大型店舗
赤カートが出てる店舗
直営店
入荷商品が多い
ところてんの頻度が高い
補充が日に何回もある
お客様がたくさんいる

 

 

このポイントを参考に

優良店舗を見つけていけば、

仕入れに困ることはありません♪

 

 

ぜひ活用してみてくださいね。