せどりでは、1と2で毎月資金が必要です。

 

 

1.固定費

Amazonの大口手数料
価格改定ソフト
そのツール代金などなど

毎月何もしなくても必ず発生するもの

 

 

2.変動費

仕入れ代金
送料
備品代などなど

毎月変動するもの

 

 

 

この固定費と変動費をうまく回さないと

キャッシュフローが悪くなり、

せどりが継続できなくなってしまうのですが、

 

商品の回転率なども計算してやるのは

面倒だという方にオススメの方法があります。

 

 

 

 

まず毎月の固定費を計算します。

合計3万円がいるとします。

 

合計3万円がいるとしたら、

3万円以上Amazonから必ず

入金がなければマイナスになります。

 

 

 

そして、入金予定額が3万円を超えたら、

昨日3000円の売り上げ(入金予定)があったら

今日は3000円未満の

仕入れしかしないでください。

 

または、そのお金を備品や送料などに使う。

 

 

 

昨日3000円(入金予定)の売り上げがあったのに

5000円分の仕入れをしてしまうと、

売れなかった場合、

その分自分のお金を出さなければいけません。

という感じで固定費と使えるお金を計算して、

売り上げが0だったとしても

お金が減らないように計算していけば

キャッシュフローが悪くなって

破綻することはありません。

 

 

 

昨日の売上が0だったらから

今日は仕入れが出来ない・・・

という日もあるかもしれせん。

 

 

仕入れをしなくても、

お金をかけなくても、

 

 

在庫整理をする
未出品を片付ける
これからのせどりの計画を立てる
ブログやメルマガで勉強する
Keepa(キーパ)やフリマウォッチなどに商品を登録する

などなどお金をかけなくても

今後の売上げを上げる方法

色々あります。

 

 

 

 

基本的にせどりは

なくしてもよいお金

ですることが大切ですよ。

 

 

毎月のせどりに対する

固定費を出していない方は

必ず固定費を計算していってください。