「年末商戦は稼ぎ時!」

「ガンガン仕入れても大丈夫!」

「年末はクリスマスやボーナスがあるから売れる!」

などなど年末商戦はせどらーさんにとって

稼げるから取り組んだ方がいいという情報が

ネット上では多々あります。

 

 

が・・・

それはおもちゃ、ゲームなどの話で、

本にはあんまり関係ありません。

 

 

 

たしかに

クリスマス関連の絵本

赤本とよばれる大学の参考書

など需要は高まります。

 

 

ですが、僕は年末だからといって

特別な事はしません。

 

 

何故かというと、

普段通りの事をしているだけでも

売り上げは1.5倍から2倍ぐらいになります。

 

 

これは何故かというと、

年末は経費を使いたい人もいるからです

 

 

税金の話になりますが、

利益を残しておくとあとで

税金が高くなるので

 

年内のうちに使ってしまいたいという

思惑もあって物が売れやすくなります。

 

 

 

 

 

逆に年末は在庫を売り切りたいという

人も出てきます。

 

 

これは何故かというと、

【在庫=資産】ということになり、

売れる在庫でも売れない在庫でも

年内に残ったものその分、

 

資産となってしまうので、

その資産は税金の時に影響します。

 

 

 

カンタンにいうと、

在庫が残れば残るほど税金が高くなる

可能性が高まるよという事です。

 

 

 

そのため在庫を安売りする

企業が多いんですね。

 

 

税金対策

ボーナス

クリスマス

などのイベントが重なり、

 

物販業界は基本的に12月は

一番売れる時期と言われています。

 

 

 

ではここで大事な事は

「自分はどういう行動をすればよいのか?」

ということです。

 

 

僕に限っていえば、

トレンドとかペース乱される

仕事するのはキライなので

いつもどおりマイペースにお仕事します

 

 

安売りされる

→Amazon刈り取りのチャンスが増える

→狙っている在庫の仕組み化を強化

という2点を行動しています。

 

 

 

大切な事は、

「何故、年末商戦が沢山売れるのか?」

と考えた時に自分なりに分析して

根拠を出して原理原則を知って、

自分なりの行動をしてくことです。

 

 

「単純に年末商戦はチャンスだ」

「何十万円、何百万円仕入れよう!」

「売れるから!」

となるのはとっても危険です。

 

 

「売れなかった場合はどうするの?」

と考えなければ、

 

そこでうまくいったとしても、

今後そのビジネスは

破綻する可能性が高いです。

 

 

 

様々な情報がありますが、

決断して行動するのは自分自身です。

 

 

 

「アナタの行動がこの先のアナタにとって

より良いものかどうか?」

を考えながら行動するのが

オススメですよ(・∀・)ノ