ヤフオクの醍醐味はまとめ売りを制覇することである

どうも♪
本せどり歴18年目突入のコータです♪


今日のお題はヤフオクの醍醐味とは?ということについて書いていこうと思います。


メルカリをはじめとするフリマアプリ仕入れのほうが仕入れられるぜーというせどり界隈の流れ?みたいなものはあったりしますが


僕はまだまだヤフオク仕入れも現役だと感じていますよ(*’▽’)


それでは今日もお付き合いよろしくお願いします。

ヤフオク仕入れの醍醐味とは?


ヤフオク仕入れの醍醐味と言えば、まとめ売り/セット売りにあると感じています。


単品本を仕入れるという手もありますが、まとめ売り/セット売りは昔からうま味があるものが多いですよ。

今ではメルカリなどのフリマアプリなどもありますから、今持っている手持ちの本の平均売買価格っていうのがわかりやすくはなっているものの、それでも一気に本を断捨離して部屋をスッキリしたいと思う人は確実にいます。

なぜまとめ売りが熱いのか?


まとめ売り/セット売りがなぜ熱いのかと言うと、一気に仕入れられるうえに1冊あたりの単価が安くなることが多いからです。


後から送料問題についても少し触れますが、ヤフオクは送料+仕入れ金額が基本ですよね。


なので仕入れ値が高くなる気がしてヤフオクを利用するのはモッタイナイ!と感じてしまう人も多いと思います。


とは言え結局はメルカリ等でも送料を加味した値付け設定をしている人も多いので、ヤフオクだけが送料が高いからイヤとはならないと僕は思うんですよね(*’▽’)


それに送料問題が気にならないくらいお得に仕入れられるのがまとめ売り/セット売りなので、そこを重点的に仕入れターゲットとして狙っておくのも良いかと。


商品画像だけで説明欄に各種本の名前が載っていない出品は、パっと見ると「リサーチめんどくせー」と思うでしょ?


でもそれはアナタだけでなくライバルも同じことを思っていますから(*’▽’)


リサーチしていったら「これも利益でるな」「あれ?これも?」ってウキウキしてくるはずです(笑)


特に専門書っぽい本のまとめ売りだと真っ先にリサーチしてしまいますね(*’▽’)

ヤフオクと送料問題


それに出品者側からするとヤフオクを利用するうま味としては、送料を負担しなくても売れていく可能性があるということ。


メルカリ等は出品者が送料負担していないと購入したくないという認識が強いため、送料支払ってまでメルカリで買うのは…と感じる人が多いのではないでしょうか?


設定上でのメルカリの購入者側の負担は送料着払いがデフォルトですからね。


出品者の意向で送料分を上乗せしたら送料込みにしてくれるという場合もありますが、やり取りをしているうちに他の人に先に買われてしまう可能性もあり得る話です。


もちろんヤフオクでも送料問題は関係しますが、送料パターンは出品者負担/購入者負担(着払い)/購入者負担(各種配送業者)と選べるため出品者さんとの面倒なやり取りをしなくていいんですね。


それに出品者さんと住んでいる地域が近ければ、送料が安く済むこともあり、メルカリで仕入れるよりも安く収まったっていうことはよくあることかな(‘ω’)ノ


こんな時に東京に住んでいる人っていいな~と思いますね(笑)


関東・関西から発送されることが多いこともあってか、福岡に住んでいると基本的にある程度の送料はかかりますから(;’∀’)


お店に行く交通費を考えたら送料支払ったほうがお得な場合もありますから、送料の考えは柔軟にしておくといいですね♪

ヤフオクはコータにとっても思い入れがある


僕は今年で本せどり歴18年とヤフオクと共にせどり道を歩んできたと言っても過言ではないくらいヤフオクとの仲は長いものです。


え?なんでヤフオクと共にせどり道を歩んできたのって思いましたか?


なぜなら日本でのヤフオクサービス開始が1999年秋ごろだからです。


まだまだヤフオクが市民権を得ていない時だったし、ヤフオクの詐欺とかも普通にあっていた頃でした。


そんな中で、僕が本せどりに触れるキッカケになったのは、ヤフオクで手持ちの本を売ったこと。


「本って売れるんだ」ってその時になって初めて知りました。


手持ちの本が段々となくなっていき、どこで仕入れたらいいのか?と探したらブックオフがあって、ヤフオクでも仕入れができるじゃないかと気付いてからは本せどり道まっしぐらでしたね。


今では詐欺などに遭わないようにヤフオク側も、後払い方式になったり匿名でやりとりできるようになりましたが、昔は個人情報を晒しまくりだったしお金のやり取りはお互いの銀行をバラさないといけませんでした(;’∀’)


当時は当たり前でしたが、今考えると恐ろしいですよね…。


なんだかんだ言っていますが、それでもヤフオク仕入れは今でも現役ですし、ヤフオクよりメルカリだぜ!って言っている人を見ると「どんどんメルカリに流れてくれ」って思ってしまいます(笑)


だってライバル減ったほうがもっと仕入れられるしね!

まとめ


ヤフオク仕入れにまだ慣れていない人は、リサーチの練習がてらセット売り/まとめ売りを積極的にリサーチしてみるようにしましょう。


冗談抜きにリサーチ能力の向上につながりますから!


僕のコンサル生さんは毎日仕入れに直結しないような出品でも、まとめ売りだったらまずリサーチを心がけて1ヶ月もしないうちにkeepaと仲よくなっていましたよ(笑)


今日も仕入れ頑張っていきましょ~!


コータ

せどりのご相談はこちからどうぞ↓
友だち追加