どうも

コータです♪


せどりを始めた初心者の方の中で



ふつう女性

アマゾンで商品を売るのは初心者だけど
メルカリなどのフリマアプリを使って
商品はたくさん売ったことがあるよ~



という方も年々増えてきましたね(*’▽’)


今日は題して
アマゾンVSメルカリ(フリマアプリ)!本を売るならメルカリは不向き


ということを僕なりに考えてご説明していこうと思います♪


今日もお付き合いよろしくお願いします。


メルカリはビジネス利用禁止


まず大前提としてお話をすると…



元々メルカリは業者が利用することは禁止しています。
これ知らない人多いかもしれませんね~


僕もリサーチのためにメルカリをよく見ていますが
「これは絶対業者だよな」という方が出品しているアカウントをよく見ます。
(海外輸入系だと思うんですが
業者っぽい匂いを醸し出しているのはアパレル系が多いような印象)



あまり業者感を出してしまうと
アカウントが停止になってしまうという
事例もたくさんあるので気をつけたいところですね。



タイトルに「アマゾンVSメルカリ」なんてかっこいいこと書きましたが
せどりをビジネス目的でするのであれば



選択肢はアマゾン一択なんですよね(笑)





自分が読まなくなった漫画やビジネス本などを
断捨離のつもりで売ろうかなーという時は



メルカリを利用してもいいとは思いますが
結果的にはお小遣い稼ぎの領域になっちゃいますよね。



せっかくならアマゾンを利用して仕入れた物や
自分のいらなくなったものを売って利益にした方がいいと僕は思います。


メルカリで本を売る時のデメリット


アマゾンで本を売る場合は一番手間なのは
梱包や本のクリーニングだと思います。


ただ大変なのはその時だけ。



メルカリを利用して本を売る場合はけっこう手間がかかります。



デメリットとしてポイントを挙げるなら


☑出品に時間がかかる
☑ユーザーの対応が面倒
☑発送作業が面倒


この3つがあります。


出品作業がかなり時間がかかる



まず出品に時間がかかる!



アマゾンでもメルカリ同様に出品作業がありますが



アマゾンの場合は以前売った本で
同一のコンディションであれば以前の情報を使い回せたりしますが



メルカリの場合は以前の情報をコピペをして
使い回すことは出来ても



出品作業自体はひとつひとつしないといけないのでかなり面倒です~





メルカリで本を売る場合は
バーコードなどを利用して商品登録もできるようになったので



昔に比べて超絶ラクにはなりましたが
それでも一つ一つ出品作業をするのには変わりはありません。


面倒くさーい!


ユーザーの対応が面倒くさい


次にメルカリを利用するユーザーの対応です。


メルカリを利用しているユーザーのほとんどは



提示されている値段で買いたいという人は
ほぼ100%いないと言えるぐらい



ふつう女性

できるもんなら値引いて買おう!



というスタンスです。
僕も仕入れをする時はそのスタンスですね(笑)


ユーザーから価格交渉があるのは当たり前。
特に人気の本になったりすると頻繁に問い合わせがあります。





メルカリは人としての対応も評価の中に入ってくるので
本を購入してもらって全くこちらからコメントをしなかったりすると



ギモン男性

取引中にコメントが無くて不安だった



などの理由で悪い評価が付くので
その点も手厚く対応をしなければいけないので面倒だったりします( ;∀;)


発送作業が面倒くさい


そして次に発送がかなり面倒くさいことです。


メルカリは売れた商品情報が
エクセルなどでダウンロードできるわけではないので



ゆうメールやクリックポストなどを利用する場合
いちいち自分で入力しないといけないのがかなり時間がかかります。


1冊や2冊ぐらいのメルカリの出品なら
発送作業もそこまで面倒くさくないと思いますが



それが10冊や20冊に数が増えてくるとかなり面倒くさいことになります!


アマゾンで本を出品する場合は売れた通知を待つだけで
あとはアマゾンが勝手に作業してくれてるのでとても楽ちんですよね♪


過去にどれぐらい売れたかわからない



メルカリとアマゾンの決定的な違いはコレかな?と思うのが



メルカリには使えるツールが無いことです。


アマゾンは利用している人が多いので
無料・有料かかわらず便利なツールがたくさんありますが



メルカリは基本的に個人で利用するサービスなのでツールの利用は禁止されています
(メルカリの利用規約でもしっかり記載されています)


仕入れをする時になくてはならないモノレートみたいなツールもメルカリにはありません。


モノレートで検索すれば
過去にどれぐらい売れたかというのはすぐに数値化されるのでわかりやすいですが



メルカリ版モノレートみたいなものはないので
過去にどれぐらいのペースで売れたのかというのは



自分の目で確かめるしかありません。


そうなるとどれぐらいの期間で売れるかという予測が非常にしにくくなります( ;∀;)



面倒くさい…
やっぱり本せどりをするならアマゾンだよなぁ~


メルカリでもアマゾンでも共通して言えるのは



人気のある本は売れやすいですが
ニッチな本屋回転が遅い!メルカリでは話になりません


回転の遅い本をメルカリで売ろうと思ったらかなり時間がかかります。
アマゾンで売っていても回転が遅いなって思う本をメルカリで売ろうと思ったら



倍くらいの期間がかかるんじゃないか?っていうレベルです。