どうも♪

コータです♪


今回はメルカリについて少し掘り下げていこうかと思います!


過去にも色々と
メルカリについてお話をしていますが



今回はメルカリの独自ルールについて
過去の記事も交えながらお話していこうと思っていますよ♪


メルカリを利用するにあたって
メルカリのルールというものが
定められていますが



メルカリが直接言っていない
個人独自の独自ルールというものも存在します。


なんか色々と独自ルールがあって

ギモン男性

とっつきにくいな…


と感じる出品者もいるものです。


僕もメルカリを使い始めた頃は
すぐに購入して怒られたり
専用出品というものを意味がわからずに購入してしまったり…
失敗を繰り返して今があります(笑)


僕がメルカリを始めて学んだことを
数回にわけて書いていきますよ~!


せどりするなら必須!メルカリの独自ルールを知ろう


まず最初にメルカリの独自ルールについてざっくりとご説明。



過去の記事にもメルカリの
独自ルールについてお話をしているので



今回は少しかいつまんだ形でお伝えしていきます。


メルカリの総合的ルールは
あくまでもメルカリが定めているルール



独自ルールというものは出品者が
個人的に決まりを設けたルールをに
乗っ取ってメルカリを利用している

というものです。


独自ルールのよくあるもの例に上げて言うと


☑プロフィール必読
☑即購入禁止
☑専用出品購入禁止



大体この3つになります。


他にもいくつか独自ルールというものもありますが



他の独自ルールも先程の3つを
分岐させたようなイメージです。


言葉にするとわかりづらい部分も
あるとは思いますが



ざっくり言ってしまうと


自分のプロフィールを絶対読め!
自分に黙ってすぐに購入するな!
人の為に出品した商品は横取りするな!


といった感じです(笑)


プロフ必読!と書いてある出品者


先日のこの記事にも書いていますが
メルカリやフリマアプリは
広い年齢層の方が利用しています。


その分、自分のことしか考えていなかったり
礼儀も知らずに相手と対応してしまうような
世間知らずの方も多いのも現状です。


ある程度の期間メルカリを利用していると
自分が「これをされて嫌だな」と
過去にトラブルがあった経験を積んでいきます。


お取引中のクレームや
自分がされて嫌だったことなどは



事前にプロフィール欄に
先に記載しておいて



購入してもらう人は
プロフィールを読んだ人でないと商品を売らないというスタンスです。


こういった方は
名前の後にプロフ必読!と書いてあったりします。



コータ@プロフ必読!
みたいな感じだったり



商品説明の一番上に
「プロフ必読!」などと書いる人もいます。


プロフィールを読んだということで
後からクレーマーなどになった時に



ギモン女性

私のプロフィールを先に読んで状況を理解していますよね?



という風に釘を刺しておくためにも
先にプロフィールに書いておくという手段です。


中にはプロフィール欄に
合言葉が書いてあり



ギモン女性

購入する前に必ず合言葉を入れてコメントとして残さないとダメ!


という厳重な出品者の方もいらっしゃいます。
(結構面倒くさいですけどね 笑)


人と人とのやり取りですので
プロフィール必読と書いていない方でも



一旦はプロフィールに目を通すことをおすすめします。


即購入禁止!と書いてある出品者


次に「即購入禁止」についてです。


商品の購入するボタンを押せば
すぐに購入することができますが



すぐに購入されることを嫌がる出品者もいます。



出品者の状況によっては
☑手元に商品がなかったり
☑メルカリ以外のフリマアプリでも商品を出品していたり



と言った場合
出品者が予期せぬ時に
商品を購入されてしまうと



全てとは言えませんが
「すぐに出荷が出来ないな」
といった状況の時に使われたりしています。


専用出品と書いてある出品


次に「専用出品禁止」です。


専用出品とは特定の人だけに向けて
出品した商品ということです。


その商品が専用かどうか?
を知るためには



商品タイトルに専用
と書いてある場合もあれば



商品の説明欄に専用と
書いてある場合も
どちらも考えられます。


専用出品を誤って購入してしまうと
最悪の場合は



商品のキャンセル要請がきたり
出品者が意図的に商品を発送しない

ということも考えられます。


メルカリは購入をして
キャンセルをした場合は
評価などには残りません。


メルカリボックスより引用


ちなみにラクマの場合は
支払期限切れによって
自動キャンセルとなった場合と



取引中止になった場合とでは
評価がつくかつかないかは変わります。


メルカリでは全キャンセルしても
履歴が残らないため


悪質な購入いたずらをする方もいるので
よっぽどのキャンセルの場合は
評価をつけられた方が
いいんじゃないかなーと個人的には思っています。

過去の記事にもメルカリの独自ルールについて詳しく書いているので
こちらも一緒に読んでみてくださいね【せどりのメルカリ仕入れ】フリマアプリでせどりするリスクを知ろう


メルカリは独自ルールを容認している?!


基本的にメルカリは独自ルールを容認していません。



メルカリの規定は
購入した人が出品者とやり取りをする
ということになっているので



購入ボタンを押した人の早い者勝ちなんです


トラブルとしてよく見るのが
価格の交渉をしている最中に誰かが横取りをするケース。



やりとりを知らなくて購入している人もいれば
意図的に購入を横取りしてしまう人もいます。



そこらへんは個人の性格にもよりますが(笑)



横取りという形で商品を購入してしまうケースは揉めがちです。



横取りされた人が
出品者の人に他の商品のコメント欄を使って



「自分が買おうとしていた商品が誰かに購入されてしまった」
などと、コメントを入れてくる人もいるからです。



横取りした人とされた人
どちらも話がわかる人だったらいいですが



どちらも自分の意見しか言わない人は
出品者が板挟みになってしまいますから…。



その場合は、出品者の考えにもよりますが


☑横取りをした人に売る場合
☑横取りした人に売らない場合

どちらも可能性としてはあります。



一応メルカリとしても
トラブルがあった場合は



出品者も購入者もお互いが納得した形であれば
キャンセルをすることは可能ですからね。


とはいえど独自ルールで
トラブルになることは非常に多く
メルカリ側も頭を痛めていることでしょう(笑)



メルカリを使って仕入れる時はマナーよく利用していきましょう♪