どうも!

コータです♪



今回はメルカリで売る側・買う側
どちらも起こる可能性がある



メルカリのリスクについてお話していこうと思います。


今回もメルカリベースで
お話をしていきますが
もちろん他のフリマアプリでも
同様のことが言えるので


しっかり頭に入れておいてもらえるといいかなと思います


フリマアプリとせどりの闇


仕入れ・販売ともにメルカリなどの
フリマアプリはとても優良なアプリですね!

ですがメルカリを利用して
起こるリスクというものも
把握はリスクヘッジする意味でとても大事です。


日本中どんな人でも利用できる
手軽なフリマアプリだからこそ



気をつけておかないと自分の身にリスクが降りかかることもあります。

トラブルのサポート



特にメルカリはトラブル時のサポートが遅いです。



Amazonをはじめとする大手になると
仕入れたり販売したりする時のトラブルは



ある程度はAmazonがサポートに素早く入ってくれますよね。
(主にFBAに納品した商品とかです)


ただしメルカリはサポート面が弱いんですよね…
前よりマシにはなりましたけど(;’∀’)



基本的にメルカリなどのフリマアプリを利用する時は



ギモン女性

何かトラブルがあっても自分たちで責任を持って行いましょう



というスタンスなので
何かトラブルがあっても
本人同士で話し合った末に
どうするかを決めてください!



という風なことを言われることが多いです。



サポートに入ってくれた
担当者の方の性格にもよりますが



神対応をしてくれるサポート担当者の方もいれば
マニュアルに沿ったサポートの担当者もいるということです。


基本的にサポートはアプリ経由の
メールでしか行うことができません。



電話で問い合わせることもできないため
トラブルがあった場合は素早く
メルカリに連絡するしかない上に


返事も一定時間かかるため素早い動きというのが必要になっていきます。


未成年者とのやりとり


次に購入者または出品者が未成年の場合です。

聞く話によると今や小学生でもメルカリで出品してお金を稼いでいる時代です( ゚Д゚)


あなたが対応しようとしている相手が成人の相手とは限りません。


メルカリでは18歳未満でも
商品を出品購入ができるため
トラブルになりやすいですね。


もちろん全ての人ではありませんが
社会人では当たり前の礼儀やルールなどを
知らない人とかも多いですね。

(あと敬語と謙遜語がごちゃ混ぜになっている人もいる 笑)



トラブルの内容としては



☑商品発送後のキャンセル要請
☑商品発送までにかなり時間がかかる
☑無言で取引キャンセル
☑送付時の郵送代が不足している…など


未成年だからってわけじゃないですが
人として非常識な人もいるんですよねぇ…。


購入者の立場では
自分の名前フルネームと住所は出品者に開示されてしまいますが



出品者の立場では
自分の名前や所在地などは商品を発送した時に自分で記載をしない限り相手にはバレません。


何かあっても無視すればいいや
というスタンスの人も多いため



ビジネス的な感覚でメルカリを
利用しようと微塵も思ってない人が
相手だとトラブルが起こりやすい状況になりますね。


偽物を仕入れてしまう可能性

次に盗んだ物や偽装商品を仕入れてしまうことです。



以前のこの記事でも書きましたが
盗んだものを転売したり
偽物とわかった商品を正規品のように売ったりしているケースも多く見られます。

過去の記事はこちらせどりで逮捕?!転売する時に気を付けたい法律のこと



偽物や盗んだものを売ったりしている人は
頭が回る人達が多く商品の説明欄に
分かりにくく正規品じゃないなどの
説明がしてあったりするんです。



その記載があると
自分が納得して買った商品だからと
メルカリはサポートに入ってくれない場合も多くあります。


高い価格でしか仕入れられない商品が
激安で出品されているときは



ライバルよりも先に仕入れたい!
と慌てて購入ボタンを押してしまいますが…



早く仕入れたいと思う商品こそ
しっかりと商品説明欄を見ておかないと



後からトラブルに巻き込まれる可能性もありますよ!


二次被害!偽物をアマゾンで販売…!?



そして二次被害の危険性としてあげられるのが



偽物と気付かずにアマゾンで出品してしまった場合です。



偽物だと購入者が問い合わせをしてきたり等で



売った商品が偽物だとわかった場合は
アマゾンのアカウントが停止になってしまうリスクもあります。



これが一番怖いです。


家電製品・おもちゃ系・ブランド品などは偽物が多く出品されていますので
極力仕入れる時には注意を払って仕入れるようにしておいた方がいいです。



この記事でも偽物について書いているので一緒に見ておいてくださいね。
詐欺に気をつけろ!せどりで仕入れた商品で詐欺に遭わないために


出品禁止商品



メルカルには利用規約がありますが
その中に出品禁止商品というものがあります。

メルカリの利用規約はこちら



出品禁止商品を知らずに間違って出品してしまった場合や
禁止商品と知らずに購入してしまう場合もあります。


出品禁止商品を出品してしまっても
メルカリのパトロールが働いて



出品した瞬間から半日ぐらいで
該当商品は出品禁止商品ということで
出品を取り消しされますが



それを何度も繰り返していると
メルカリのアカウントが止まってしまう可能性があります。


僕の友人にも間違って出品禁止商品を
立て続けに何個か出品したところ…



メルカリから注意が来て
1日ほどアカウントが停止になったことがあるそうです。


メルカリのアカウント停止の期間は
数日の場合もあればもっと長い場合もあり



最悪の場合はアカウントを永久停止というケースもあるようですよ



しっかり気をつけてメルカリを利用していきましょう!