何故かせどりをしていると

評価を気にしたり、

 

「梱包どうしたらいいですか?」

とか

 

「商品説明はどうすれば?」

とか

 

「どんなものが売れる?」

とか。

 

全然どうしたらいいか

わからない人がいるんです。

 

 

お客様の心理が

わからなかったりします。

 

 

 

 

これ不思議なんですけど、

 

Amazonせどりを始める人って

出品者になると、

 

お客様の事が

わからなくなってしまうんですね。

 

 

 

この前までAmazon使って

買い物してたはずなのに。

 

 

 

 

 

僕はAmazonで買い物するときに

商品説明は読まないです。

なので商品説明はテンプレート。

評価も気にしません。

なので評価もどうでもいい。

中古本は読めればいいです。

なので線引きあっても買いますし、

仕入れもします。

 

 

 

というように、自分が仕入れる時に

お客様の目線にたつというのが

大事なのですが、

 

 

一度出品者側に回ると

購入していた時のいろいろな事が

なぜかわからなくなってしまうんですね。

 

 

 

それを思い出すため、

顧客心理を一度知るためにも

まず3000円をご用意する。
(3千円出せばだいたいの本は買えます)

↓↓↓

自分の本当に読みたいと思う

本を探してみる。

↓↓↓

そうすると、

「商品説明はどうだったか?」

「なんでこれに惹かれたのか?」

「価格帯はどこみていたのか?」

「コンディションは?」

などなど体感的にわかりますよー。

 

 

 

オタメシアレー(・∀・)ノ